簿記2級に独学でチャレンジ|自信を持って挑もう

対策が必要な勉強

パソコンを触る人

小論文は入学試験などにおいてよく行われるものですが、良い評価を受けるためにはしっかりとした指導を受ける必要があります。文章の添削指導をしてるところは国内に数多くあり、専門のコースを設けているところも多いです。

もっと見る

資格を取得できる講座

ペンを持つ人

忙しい人がいつでもどこでも学べるよう、知識をテキスト中心の通信教育で学べる内容の養成講座は人気が高い特徴があります。社会の中で活躍する方向性を視野に入れた支援の方法の1つで、資格取得と同時に社会人としての成長まで支援してくれる魅力も備わっています。

もっと見る

通信教育の将来性と特徴

タブレット端末

通信講座は世界的なインターネットや動画配信の普及により、今後もさらに盛り上がっていく分野です。また、立地条件を選ばず、良心的な価格で、高い教育を提供できるので、貧困格差などの解消にも役立つものだと言われています。

もっと見る

自分の力で合格を目指す

電卓を持つ男性

独自学習でも合格できる

就職活動や仕事で役立てるために、簿記2級の取得を目指す人はたくさんいます。恐らく多くの人は簿記3級の合格を目指し、その次に簿記2級に挑戦すると思われます。ただ、2級となれば難易度が高いイメージがあるため、3級と違って独学でも合格できるのか、心配に思う人も少なくないかもしれません。確かに、簿記2級は3級と比較すると、より深い知識が必要となりますし、複雑な計算を要する問題も出題されます。そのため、簡単に合格できるわけではありませんし、ある程度の学習は必須となります。ただ、それでも独学で十分合格を目指すことはできますし、3級より難易度は高いといえども、そこまで専門的で難しい問題が出題されるわけではありません。

実践学習が非常に重要

独学で簿記2級を目指すのであれば、もちろん知識の取得も必要になってきますが、それ以上に実践学習が重要になってきます。要するに、実際に問題を解きながら、実践力を養うことが大切なのです。実は、簿記3級の知識がしっかりと身についていれば、簿記2級の問題も大半は解くことができるのです。ただ、2級の場合は解き方や解法がより複雑となっていることから、独学での実践学習が不可欠となるわけです。ただ、独学の場合はどうしても集中力を保つのが難しいですから、自分のペースで出来る通信制の講座などを利用すると無理なく続けられます。また逆に、時間や余力さえあれば周りに合わせることなくどんどん先に進めることもできるので、短期間で集中的に学習することも可能です。それから、通信制の講座の中には、採点や質疑応答、レベルに合わせた学習が可能なものもあります。これらを上手く活用し、効率よく合格を目指しましょう。